わたしのお金はどこへいった

わたどこ

パチンコをやめる

【簡単】パチンコを確実にやめるための暗示【5分後の自分は勝てる】

更新日:

後ろ向きなカエル
時間があるとついパチンコに行きたくなってしまう…。パチンコをやめる方法をいくつか試してみたけどまたパチンコに行ってしまった
諦めるのは早いよ!パチンコを簡単にやめる暗示があるからまずは5分だけ試してみて
 前向きなコアラ

1.パチンコを確実にやめるための暗示


それは自分を振り返る

と言う暗示です。


非常にシンプルですが、言葉のままの意味を考えても効果は薄いので暗示方法を詳しく説明していきます。


この段階で興味が無いと感じた方は「暗示」と言う方法に向いていません。

パチンコをやめるのは自分なので、自分のために時間を使えない人もこの暗示はお勧めできません。

別の方法やテクニックもあるのでそちらを試してください。

 

この暗示を使えば早い人は5分以内でもパチンコをやめることができます。
しかし早いことよりも確実にパチンコをやめることが最優先なので、じっくり暗示に集中することをお勧めします。

 

慣れてくればかなりの暗示力を発揮するのでマスターしてください。

 

過去の自分を呼び覚ます暗示

この暗示は過去の自分がどんな人間だったか、思い出すところから始まります。

 

ポイントは「パチンコをやる前の自分」と「パチンコをやり始めてからの自分」を分けて思い出す事です。


パチンコをやる前の自分は何が好きで、どんな事に時間を使っていましたか?

誰でも年齢と共に行動範囲が広がり、情報量も増えて趣向が変わって来たかと思います。


自分の歴史を振り返るのが苦手な人はこちらを参考にすると暗示が一層深まります。

・1歳~6歳 保育園
・3歳~6歳 幼稚園
・6歳~12歳 小学生
・12歳~15歳 中学生
・15歳~18歳 高校生
・18歳~22歳 大学、専門学生
・22歳~24歳 大学院修士
・24歳~26歳 大学院博士
・18歳~26歳 新卒社会人


就職や進学のタイミングは人によって様々なので上記は目安です。

脳と記憶のメカニズムとして小さいきっかけを掴めば、芋づる式に掘り起こすことができるのでまだ思い出せていない方も安心してください。

 

そして次にその時の自分はどんな人間だったかを結び付けていきます。
このパートから1つでも思い出すことで暗示の効果が倍増します。


これは”メンタルタイムトラベル”と言って五感によって記憶が呼び覚まされる現象です。

このメンタルタイムトラベルを最も日常で感じるシーンは音楽を聴いた時です。

過去に流行った音楽を聴いただけで懐かしく感じることは無いでしょうか?
あの感覚がこの現象なのです。
CMソングを街中で聴くと商品を思い出したりすることもありますね。


こちらの項目をメンタルタイムトラベルの参考にして下さい。

・本、漫画
(全巻揃えた、何度も読んだ)

・音楽
(学校で流行っていた、今でも好き、懐かしい、CMソング)

・テレビ番組
(笑った、毎週録画、影響を受けた)

・家族
(褒められた事、怒られた事、一緒にやった事)

・友達
(誰と遊んでいたか、どんな影響を受けたか)

・旅行先
(ご当地グルメ、アトラクション、風景、誰と行ったか)

・食べ物
(昔から好き、初めて食べた感動)

・映画
(初めて見た作品、泣いた、誰と見たか)

・誕生日、クリスマス
(当時何が欲しかったか、何をもらったか)

・お金を貯めて買った物
(お年玉、バイト代、服、ゲーム、イベント)

・夢
(当時は何になりたかったか)

・嫌い、苦手
(食べもの、行事、人、場所、イベント)


行事、部活、バイト、サークル、ゼミ、実習…etc


項目は無限大なので今はこれぐらいにしておきましょう。
パチンコをやる前の自分がどんな人間だったか思い出せたかと思います。
どの時期にパチンコを始めたのかも分かりますね。


ここまでくれば後ひと息です。

過去の自分になりきる


過去の自分がパチンコをやめることができない自分を見たらどう思うでしょうか?

休日になったらパチンコ屋に入り浸り、パチンコの勝ち負けで気分が左右されてしまい、せっかく働いて稼いだお金もパチンコに使ってしまう。


こんな人になりたかったですか?

こんな未来を想像していましたか?


そんなわけがありません。

自分に暗示をかけてまでパチンコをやめたいと思ったということは困っているはずです。

 

もしイメージが湧かない時は、パチンコをやめることができない友達にガツンと言うつもりで考えてみましょう。

大人になると注意してくれる人がいなくなるので、ハッキリ伝えてあげるのも優しさです。


僕がパチンコをやめるためにこの暗示を実践した時は、自宅のトイレでガッカリして出られなくなりました…。

2.暗示を使った僕の実体験

 

僕はこれまでに何度もこの暗示を使ってパチンコに行きたい衝動を抑える事ができました。
特に1人の時は何をするにも自由なので、この暗示に助けられてきました。

パチンコが大好きな自分

その時の実体験を少しお話しします。

仕事がある日はギリギリまで寝ているのに、休日の朝になると9時前に目が覚めてしまうのです。


前日に夜更かしして遊んだりスマホをいじったりして朝方に寝ても、翌朝の9時頃には目が覚めました。


情けない話ですが、これはパチンコ屋の開店に間に合うようにと自分の体が覚えてしまっているのです。

 

一度起きてしまうとソワソワして眠れず、借金があるのにどうしよう…、と悩みながら自宅をウロウロしても結局パチンコに行ってしまうのです。


しかしこの暗示を使った日は違いました。


トイレの間だけこの暗示を試すつもりが考え込んで動けなくなってしまったのです。

暗示の効力は?


何度もやめると誓ったパチンコなのに、借金してもやめることができない自分。

これを学生時代の僕が見たらどう思うか鮮明に想像しました。

大人なのに自分で言った事も守れないだらしない人だ、自分は絶対そんな大人になりたくないし、なるわけがない!


あの頃の想像と違っているとは言え、まさかパチンコにハマって生活まで危うい大人になっているなんて信じられないです。

心底ガッカリです。


こんなハズじゃ無かった…。

もし先に分かっていたら何としてもパチンコに近づかないようにしました。


パチンコをやる前の僕はほぼ毎日友達と遊んでいました。
友達の家で音楽をやったり漫画を読んだり、ゲーセンに行ったり、カラオケへ行ったり、彼女が出来た出来ないの話で朝まで盛り上がることができたのです。

アニメやオンラインゲームも大好きだったので、友達との予定がないときは一日中自宅に籠っていても充実していました。


もっと多趣味で刺激的な人生を送った人もいるかと思いますが、当時の僕はこれでも十分過ぎるほど楽しんでいました。
お金は無かったのに、寝る間も惜しんで遊んでいたのが懐かしいです。


それが今ではパチンコ最優先で、借金しても頭の中はパチンコの事ばかりになっていました。

 

トイレから出た僕は高校生の時に好きだった「GLAY」と「槇原敬之」の曲をyoutubeで探して聴いてみました。


すると聴き飽きていたはずなのにどんどん思い出が蘇るのです。

今の自分に少しでも重なる歌詞に目頭が熱くなりました。


この気持ちを思い出させてくれた過去の自分に感謝です。

 

パートナーが暗示の役に立つ

ここまでこの暗示は全て自分1人で行うことを前提に話していますが、パートナーがいればもっと簡単になります。


パートナーに協力してもらえれば客観視しなくても直接外部の意見がもらえます。

僕の場合は遠慮なく意見を言ってくれる妻にお願いしました。


妻にはパチンコの件で散々迷惑をかけているので、この暗示の説明をしたら喜んで協力してくれました。


ズバズバ聞かれるのは苦しいですが、相手がいる事で会話になり答えを出しやすくなります。


身近な人にお願いすることで自分が思っている自分とは違った意見を聞くことができるのです。

その時言われたのがこちら

 

・お金が無いと言いながらパチンコには行く

・約束していても連絡が無い

・帰ってくる時間が分からない

・文句ばっかり言っている

・いつでもどこでもパチンコ屋を見るとやりたがる

・自分で決めた予算を守らない

・かなりタバコ臭い

 

これを聞いた僕は自分がそんな風に見えているのかとがっかりしました…。

自分が思っているほど自分の事ってわからないものなんですね。

 

単身の時は自分のパチンコで誰にも迷惑をかけていないつもりだったので、自分だけを気にしていれば良かったのですが、迷惑をかけられているパートナーはたまらないですね。

3.この暗示でパチンコをやめるメリット


この暗示は誰でもすぐに無料で取り掛かれる上に、暗示力は抜群なのでパチンコをやめられなくて困っている人は実践しないともったいないです。


しかもこの暗示はパチンコをやめるだけでなく、別の効果も期待できます。


それが自己分析です。

 

ココがポイント

この暗示は実践すると同時に自己分析を行うことができるのです。
自己分析が上手くなればなるほど、なりたい自分とのギャップを減らす事ができるようになります。


誰しも理想の自分を持っているかとは思いますが、それが現実になるかならないかはこの自己分析が大きく影響しています。

 

過去の自分になりきることで本当にやりたかった事や、どんな生活を送りたいかが鮮明になって計画しやすくなります。

もし一時的にうまくいったとしても、その理由がわかっていないとまた同じことを繰り返してしまいます。


なのでパチンコをやめると決めたのに行きたくなってしまった時は何度でもこの暗示を試してみてください。


パチンコの暗示がきっかけで、自分の理想に近づけるならやってみる価値がありますね。

4.今日からパチンコをやめるためには


ここまでパチンコをやめるための暗示とその実体験について話してきましたがイメージできましたか?


考え込み過ぎて5分以上かかった人はそれだけパチンコをやめる意思と暗示が強かった証拠なので自信を持ってください。


またはここまで読んでみたけど、結局何から始めれば良いかわからないと言う人も安心してください。


この暗示を1行でまとめると


パチンコをやる前の自分は何が好きだったか考える


たったこれだけなのです。


パチンコが習慣化している人もいるので、次に行きたくなったらこの暗示を習慣にすることがパチンコをやめる近道です。


この記事を読み切ったあなたは自らパチンコをやめるために暗示を試したので、すでに前進しているのです。


パートナーさんのパチンコで困っている人も自分から協力してあげると理解が深まるかと思います。

-パチンコをやめる

Copyright© わたどこ , 2019 All Rights Reserved.